集客に強い不動産ホームページ作成のポイントとは?

集客力のあるホームページを持つことは、常に24時間365日お客様へ向けて休むことなくセールスし続けてくれることになります。集客のポイントは、ターゲットを明確にして、お客様ファーストのコンテンツ発信を行っていくことです。ここでは、集客に強い不動産ホームページ作成のポイントをお伝えします。

不動産ホームページの必要性が高まっている理由とは?

不動産ホームページ制作

今や、iPhoneやiPadが世の中に広く普及したことで、インターネット活用が重要になってきており、不動産業界もホームページ開設が重要になっていきています。昨今、優れたデバイスの目覚ましい普及により、現代におけるインターネット世界は大きく進化しています。スマホの登場は、従来の携帯電話とは異なり大画面高解像度で、ほぼPCと同じブラウザ環境でホームページ閲覧が可能になっていますよね。なので、逐一PCを立ち上げなくてもアクセスでき、簡単に商品やサービスを比較する事もできます。このように、以前であれば難しかった外出先や通勤途中でのインターネット検索も現在は当然の世の中になっています。
人と人とが何か情報を共有したり推奨したりする際、最も早くて便利なのはホームページURLになって来ています。ホームページに掲載されている情報であれば、誰かに紹介したい時にもスマホの共有ボタンで、知人へURLを送れば直ぐに情報共有が可能です。私達は日常生活のあらゆるシーンにおいて、ホームページの情報活用をしています。ホームページの情報を参考に、物事の可否、善悪、有無なども判断されてきており、この点が不動産ホームページにも重要な事になります。ホームページと言うのは、現代のインターネット社会の共通言語であり共通情報になっているからです。今後はさらにこの流れが加速していくことが想定されており、不動産ホームページの必要性も高まっていくと言えます。

不動産ホームページで集客できない原因とは?

不動産ホームページ制作

ホームページの目的設定が無くデザイン重視で中身が無い

ホームページと言うのは、不動産会社の顔になり、また、便利で有効的な営業ツールです。 なので、競合会社が載せているような情報掲載など、何も目的が無く作成したホームページでは、不動産会社に誘導して集客することに繋がっていきません。また、目的設定の無いホームページでは、何をどうすれば成功や達成になるのか判断基準がありません。ホームページの役割や、アクセスしてくれたユーザーのアクションなどに考慮し、しっかり目的を設定した上での作成を行いましょう。なので、デザイン重視で中身が充実していないホームページではいけません。余りにも古いデザインは見づらさや信用に関わってくることもあります、デザインを重視し過ぎて情報提供が少なく、ホームページの操作がしづらくては何の意味もありません。大事なことは、理解しやすい動線、誰でもできる操作方法、ユーザーが求めている情報など、知りたいことが素早く閲覧できることです。自社ホームページはこのような作りであるか、今一度ホームページの確認してみましょう。

ターゲット設定されておらずアクセス解析ができていない

利用しそうなユーザーがどの地域で暮らし、どんな職種の方で、男性か女性か、年齢はいくつか、所属部署、会社規模など、ある程度情報を絞ってターゲット設定すると、不動産会社として伝えたいことと言うのがより明確になります。ターゲット設定されていないと、どのようなお客様に向かって一体何を伝えたいのかが曖昧になり、情報がまとまりづらくなります。なので、ターゲットをしっかり絞って、そのターゲットが抱える悩みや要望に応えられるコンテンツ準備が大切なポイントです。また、ホームページのアクセス解析ができていない点も問題です。見て欲しいページに一ヶ月に何件訪問があり、直帰率や離脱率はどの程度かなど指標がなければ、集客を伸ばす対策のしようがありません。アクセス解析と言うのは、定期的にチェックを行いPDCAを回しホームページ改善していくことが必要です。

作成後に更新されていない

ホームページ作成では、作成しただけでは何も不動産会社の集客には繋がりません。ホームページと言うのは、開設してからの運用が非常に重要になります。常に会社が動いているように、ホームページは最新情報を常に発信していくことが大事です。解析データを元にページ改善をしたり新コンテンツを追加したり、ホームページが良くなるよう手を加えていくことが大切になります。時流や競合の調査はもちろん、ホームページのメンテナンスも大事にしましょう。

集客力をアップさせる不動産ホームページ作成のコツとは?

不動産ホームページ制作

分かりやすさや使いやすさを意識する

不動産ホームページを用意する際に、外注で制作会社に依頼して素敵なデザインのホームページを用意している企業や店舗もあります。しかし、ホームページと言うのは、見た目の格好良さだけが重要と言う訳ではありません。ホームページのデザインで大事になってくるのは、分かりやすさと使いやすさです。ホームページ内で自分の知りたい情報が何処に掲載されているか、すぐに把握できるホームページは優れているといえます。そして、ホームページの見た目では無く、閲覧者にとって読みやすさを重視したホームページ作成が大事です。また、気を引くようなコンテンツを配置することも重要です。魅力的なホームページのコンテンツに触れてもらいながら、そこで契約や問い合わせしたいと思わせることが優れたホームページと言えます。

集客ターゲットにホームページを見てもらう

不動産会社の宣伝において大事なポイントは、不動産会社ではどのような年代のお客様をターゲットにするかという点です。ターゲット層が気になる不動産ホームページ制作をホームページ内に散りばめ、検索結果の上位にヒットすることで、多くの人の目に触れる機会になりますよね。各メディアには特色やメリットがあるので、特徴や把握を多角的に宣伝して、最終的に誘導するようにしましょう。さらに、新鮮な最新情報を発信することで、見込み客を実際の顧客にしていくには、実際に「店舗に行ってみたい」と思わせるきっかけが必要です。例えば、ホームページでしか入手できない限定情報など、不動産会社としての仕掛けがお客様の足を運ぶ原動力になるのです。その為にも、新鮮な情報を発信することはかかすことはできません。常に不動産を更新して、新たな情報掲載が大切です。ホームページを更新せず、ずっと古い情報が掲載されていれば、アクセスしてくれた見込み客となり得るユーザーに、悪い印象を与えてしまい良い印象を抱かなくなります。常に新しい情報が掲載されていると、不動産会社に新鮮なイメージが付き、店舗の賑わいのイメージを与えることもできます。

集客できているかの効果測定を実施する

不動産ホームページで、集客力を図って行く為には、アクセス解析と効果測定が必要です。アクセス解析と言うのは、不動産会社のサイトを訪れたユーザーの行動や属性などを解析するのですが、閲覧者数、ページ別閲覧数、閲覧者の属性、何を経由して来たかなどを把握することができます。こうした情報分析は、どのコンテンツにどのような内容の情報掲載が最適かなど、対策立てを可能にします。また、効果測定と言うのは、広告効果がどの程度出ているのか測定することです。ネット上での効果測定も可能ですが、実際に来店した方へアンケート記入してもらうなど、お客様の生の声を活かすことも大事なポイントです。



まとめ

ここでは、集客に強い不動産ホームページ作成のポイントについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?大切な資金・時間を投資して、不動産ホームページを作成するのであれば、集客力や売り上げアップに繋がるサイトを作りたいですよね。何の戦略も無いホームページでは、アクセス数を集めたくても成果獲得に繋がることはありません。しっかり集客できるホームページをつくる方法・コツ・ポイントなどを押さえ、お客様の為のホームページ作りを目指していきましょう。