首の痛みナビ TOP → 首の痛みとツボ 大椎

大椎

大椎(だいつい)は寝違いに良いツボとされています。もしも寝違いによって首が痛むなら、このツボをマッサージしてあげると良いでしょう。ツボのある場所は、首を前に倒して左右に振った時に動く首の後ろ側の骨とその下の骨の間にあるくぼみです。当サイトで紹介しているツボに比べると、背中側に位置しているツボです。

大椎は背中側にあるツボですので、完骨や天柱に比べると自分では刺激しにくいでしょう。身体が少し硬めの方は手が届かない場合もありますし、誰か他の方にやってもらうのが良いです。突起を地面などに置いて身体を倒して刺激する方法もありますが、やはり人の指で刺激するのが一番効果的と言えるかもしれません。いっそのこと、プロのマッサージを受けに行くのも良いでしょう。ついでに他のツボもマッサージしてもらえば、身体の至るところの調子が良くなるかもしれません。

大椎は首の痛みだけでなく、発熱・のどの痛みにも有効であるとされています。発熱に対し熱を下げるツボとしては最も効果的であるとも言われており、発熱が起こり始める風邪の初期段階にも有効なツボです。とはいっても、風邪そのものを治せるツボというわけではないので、風邪には風邪への対策が必要です。

首周りにあるツボと違い、大椎は背中の上部にあるため、通勤中などに刺激するのは困難でしょう。また自分自身でも刺激しにくい部分ですので、可能であれば他の人の手を借りるようにしましょう。

首の痛みとツボ


レーシック
レーシックなら患者さんとの信頼関係を重視する吉野眼科で!