首の痛みナビ TOP → 首の痛みと寝違え 首をまわさない

首をまわさない

寝違えてしまった時に、首を無理に回すことはとても危険なことです。首が動かないのは頚部が炎症を起こしているためなのです。また首にはさまざまな神経などが集まっていますので、無理に動かすことは本当に危険なことなのです。軽症の寝違えといえど、悪化すると手足の痺れなども起こってきますし、痛みもどんどん激しくなってしまうので、注意が必要です。

昔はよく「寝違えたら痛いほうへ首をねじると早く良くなる」という話を耳にしましたが、これはまるっきりデタラメです。今ではあまり聞かなくなったこの迷信ですが、人によってはいまだにこれを信じている方もいます。しかしそんなことをしても、寝違えは決して良くなることはありません。むしろ悪化してしまうことがほとんどですので、寝違えたら首は絶対に動かさず、安静にするよう心がけましょう。

日常生活を送っているとどうしても無意識に首をまわしてしまうという方は、頚椎カラーをつけるようにすれば良いかもしれません。頚椎カラーは首を動かさないよう固定する器具で、整形外科や総合病院などに行けば貸してもらえるはずです(購入が必要なところもあります)。また一般で売られていることもありますが、サイズ合わせが楽な病院で入手するほうが楽でしょう。

寝違えを起こしているときは、無理に首を動かさず安静にしていましょう。スポーツなども、つい首を動かしてしまいがちですので、寝違えが治るまでは休止するほうが賢明です。

首の痛みと寝違え


ウェディングドレスのレンタルを格安で
http://www.ozoz.co.jp/

事務服 ブラウス
事務服のブラウスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!