首の痛みナビ TOP → 首の痛みとむち打ち症 慢性期の治療

慢性期の治療

慢性期は受傷から三ヶ月以降の時期を指します。慢性期におけるむち打ち症は、ほとんど痛みもなく楽になってきているはずです。完治まであと少しですので、油断をせずに治療を続けましょう。むち打ち症は深いところではまだ治療が終わっていないので、自宅での療養と温熱治療を続けることによって治療してきます。通院治療も必要となるでしょう。

急性期・亜急性期に正しい治療を続けていれば、慢性期の治療は非常に楽になるでしょう。頚椎捻挫型の場合などは、もうほとんど完治しているかもしれません。逆に急性期・亜急性期の間で患者が何らかの無理(運動など)をしていた場合は、治療が長引いてしまうかもしれません。患者がどういった意識を持って治療に臨んでいるかは、円滑に治療を進められるかどうかに関わっているのです。

急性期・亜急性期の治療に対して真摯に取り組んでいたとしても、重症の神経根型やバレ・リュウ型に関しては、慢性期においても治療を続ける必要があります。神経根・交感神経に関する治療は、神経に深く関わってくる部分だけあって、少し神経質になるくらいがちょうど良いのです。ここで症状が治まったからといって油断して治療をおろそかにしてしまうと、神経に異常をきたして後遺症が残る可能性もあるのです。

慢性期に入るとむちうち症の症状もかなり治まってくるかと思いますが、ここからの治療も大切なものです。主治医と良く相談した上で、完治するまでは正しい治療を続けましょう。神経に関わるむちうち症なら、なおさらです。

首の痛みとむち打ち症


ウェディングドレス レンタル
http://www.ozoz.co.jp/

ナース白衣
ナース白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!