首の痛みナビ TOP → 首の痛みとむち打ち症 むち打ち症の検査

むち打ち症の検査

むち打ち症の検査はまずは問診によって、その事故の状況やそこから来る症状を、しっかりと担当医に伝えることから始まります。この時、むちうち症の種類によっては口頭で上手く伝えられなかった場合、症状が明確に伝わらないことでむちうち症の種類を特定できず、適切な治療が出来なくなる場合もあります。問診が終わったら、頚部の運動状況や運動痛の有無や圧痛点を確認して行き、適切な処置を探すことになるでしょう。

むちうち症の中でも、例えばバレ・リュウ症候群型・脊髄型などは医師の検査のみによる特定が難しく、患者からの症状の自己申告によってでないと発症の確認が難しいです。捻挫型・神経根型に関しては、医師による検査でも比較的判明しやすい部分はありますが、やはり患者が自覚症状を正確に伝えるなどしないと、むちうち症の種類の判明に差し支える場合があります。

むちうち症の検査において、最も大事なのは問診であるといえるでしょう。四種類もあるむちうち症の中で、しかも検査による発覚が難しいものも中にはあるため、問診を怠ると誤診に至る危険性があるのです。出ている症状は全て事細かに医師へと伝え、また医師もそれを良く聞いて診断を間違えないよう、双方のコミュニケーションが非常に重要となってきます。

むちうち症の検査は、患者が自覚症状を細部まで全て伝え、医師に良く理解してもらった上で診断してもらう必要があります。少しでも気になった症状は、余すことなく主治医へと伝えるようにしましょう。

首の痛みとむち打ち症


ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/

http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/