首の痛みナビ TOP → 首の痛みを緩和 湿布

湿布

首の痛みを感じてもなかなか作業を中断できない場合などは、湿布を利用してみるのもよいかもしれません。湿布には温感湿布と冷感湿布があります。これらを症状によって使い分けて利用しましょう。薬局でも販売していますが、病院で相談してから出してもらうのが最も確実でしょう。誤った使い方をしてしまうと、全く無意味になってしまうこともあります。

温感湿布を使用するのは、患部の血行を良くしたい場合などです。例えば首の痛み・こりは患部の血行が悪いために起こるもので、この痛みを緩和したい場合は温感湿布を貼るのが有効となるわけです。ただし、肌の弱い方が温感湿布を使用し、身体から離した直後に患部へお湯などが触れると、強い痛みを感じることもあります。普通よりも肌が弱いという方は、温感湿布を使用する際に注意が必要です。

冷感湿布に関しては、足を挫いたりした際に使ったことのある方もいらっしゃるかもしれません。文字通り、貼った部分がひんやり冷たく感じる湿布で、患部を冷やしたい時に使うものです。首周りが炎症などを起こしてしまうと、それも首の痛みに繋がりますので、この炎症による熱を緩和したい時、冷感湿布が活躍します。もちろん、捻挫やぎっくり腰などといった炎症を伴う数々の疾患に使えるため、幅広く活躍している湿布といえます。

患部の血行を良くしたい時は温感湿布、炎症などの熱を緩和したい時は冷感湿布と、湿布はその時の状況に応じて使い分けるようにしましょう。

首の痛みを緩和


ホイールアライメントの調整
について