首の痛みナビ TOP → 首の痛みの種類 感染症

感染症

さまざまな感染症から首の痛みが発生している場合があります。もしも首を前後に動かした時に熱や痛みを感じている場合は、その可能性が高くなります。感染症には化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、細菌性髄膜炎などの種類があります。違和感を覚えたら、早めに医師に相談しましょう。特に感染症は、そこから多くの合併症を引き起こす可能性もありますので、十二分に注意する必要があります。

化膿性脊椎炎は発症してから痛みなどの症状が激しく、発熱を伴うため患者にとっては非常に苦痛です。放置しておいて症状が治まることはありえませんので、発症したと思ったら早々に診断を受けにいくべきでしょう。発祥する原因としては、脊椎に緑膿菌などといった菌が入り込むことであると言われています。

結核性脊椎炎が発症すると、最初に背骨に感染して隣接する椎間板に拡大し、脊椎周辺を炎症によって破壊していきます。こうなると患部には膿が溜まってしまい、これによって背骨が変形して突出するような形になり、排尿障害・麻痺などといった症状を起こすようになることもあります。背中・腰部の痛みが長く続いたり、倦怠感・発熱などの症状が見られたりする場合には注意が必要です。

細菌性髄膜炎はまたの名を化膿性髄膜炎といい、中枢神経系という多くの神経が集結している部分に最近が感染して発症する感染症です。発症すると発熱・嘔吐感・頭痛などといった症状が現れ、重症化すると脳に浮腫が出来てしまい、そのため意識障害などを起こしてしまうこともあります。

首の痛みの種類


コンプラビン 副作用
コンプラビンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.princess-net.com/
結婚式のプロフィールビデオ

五反田 透析
五反田で透析なら五反田ガーデンクリニック!