首の痛みナビ TOP → 首の痛みの種類 胸部出口症候群

胸部出口症候群

胸部出口症候群が原因となって首の痛みを感じる場合があります。鎖骨周辺の神経や血管が圧迫されることが原因で起こる病気の1つです。症状の特徴としては手や腕が痺れたり、脱力感や熱感、冷感を感じることがあると言われています。また症状は慢性的に起こり、放置していると徐々に悪化してしまいます。特に二十歳から三十代の女性が起こしやすい疾患であると言われています。

胸部出口症候群を発症してしまう原因としては、デスクワークや立ち仕事などで長時間の体勢維持・悪姿勢・心因性ストレスなどが挙げられます。筋肉が弱い人は更に発症しやすくなります。首の痛みが起こりやすい体質としては、元々首の骨の形成が悪かったり、筋肉そのものの絶対量が少ない場合に見受けられます。女性は男性と比べて筋肉の絶対量が少ないので、男性以上に胸部出口症候群を起こしやすいと言えるでしょう。

多くの病気でも言えることですが、治療のためにはまず原因をはっきりと判明させることから始めます。特に胸部出口症候群などの病気は、心因性ストレスによっても発症率が高まりますので、原因から除去していかないと治療しても再発する恐れがあるのです。

胸部出口症候群の症状として出る、腕部のしびれ・脱力感・熱感・冷感などは、これによって不安感を煽られることで起こるストレスによって、更に悪化することもあります。症状を感じるようになった場合には、早期に治療する必要があるでしょう。

首の痛みの種類


アンカロン 副作用
アンカロンの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

酒田市 不動産
http://www.yamaichi4320.com/