首の痛みナビ TOP → 首の痛みの種類 頚椎症

頚椎症

変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)から首の痛みを感じるケースもあります。これは椎骨と椎骨の間にある椎間板がすり減る事により、椎骨同士がぶつかって変形して、骨棘というものができることによって周辺が痛むためです。変形性頚椎症は、主に年配の方におこりやすいでしょう。変形性頚椎症を起こしている状態で運動などをすると、限界以上の負荷がかかって痛み・こりなどを引き起こします。

変形性頚椎症の症状は疼くような痛みだけでなく、こりなどとしても現れます。首周りから肩まで痛み・こりが起こることが大半で、痛み方はややはっきりとしていません。発症しても少ししたら落ち着くため放置されがちですが、これが重症化してしまうと頚椎症性神経根症・頚椎症性脊髄症といった重病に進行してしまう可能性があります。

実のところ、変形性頚椎症そのものは重大な疾患ではありません。治療方法としても、生活習慣の改善で治療できる程度です。とはいえ、改善しないまま放置しておいても良くなることは決してありません。常に姿勢を正しく保ち、デスクワークなどをしていてもこまめに体勢を変えるなどして、変形性頚椎症を予防・改善するようにしましょう。

予防・改善を行っているのに全く良くならない場合、また痛み・こりが長期に渡って続いている場合は、重症化しているかもしれませんので整形外科で診断を受けたほうが良いでしょう。万が一、頚椎症性神経根症・頚椎症性脊髄症に症状が進行してしまうと、運動障害が手足に発症してしまう場合もあります。重症化させないために、早めの診断が肝要となるでしょう。

首の痛みの種類


イモバックス 副作用
イモバックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

アミティーザ
アミティーザなら医療関係者向け情報サイトで